「美食のアトリエ」初秋コレクションⅡ

  1. 「美食のアトリエ」初秋コレクションⅡ

「美食のアトリエ」初秋コレクションⅡ

初秋の湯河原 日本料理・イタリアン


日本料理「湯河原華暦」より

推奨料理「相州(そうしゅう)」  14,000円(税込15,120円)
販売期間 2019年9月4日(水)〜10月9日(水)

黒鮑・黒毛和牛フィレ・ふかひれ
九絵・名残りの鱧・松茸
秋の到来を告げる旬のコースおすすめ三品




メニューはこちら





会席料理「藤木(ふじき)」  11,000円(税込11,880円) 
販売期間 2019年9月4日(水)〜10月9日(水)

名物 黒毛和牛すき煮鍋と名残鱧など旬の食材で秋を彩る

「鮑殻盛り・本鮪・九絵の割鮮」
鮑は殻ごと盛り付け、本鮪・これからが旬の九絵など豪華な盛り込みが魅力。
華暦名物「黒毛和牛のすきやき鍋」
旨味を堪能できる黒毛和牛を料理長松原こだわりの自家製の甘辛い“特製たれ”でじっくり仕上げていくすき鍋。上質な黒毛和牛と火を通すことでより一層甘みが増す淡路玉葱を粉山椒と溶き卵でお召し上がりになれます。口解けの上品な黒毛和牛と特製たれを吸い込んだ甘みある淡路玉葱の共演を楽しませてくれる逸品です。そのほか、あわび茸、無花果、新銀杏などメイン食材以外にも色鮮やかな“秋の味覚”を取り入れ、季節の変化もお楽しみ頂けます。


メニューはこちら






イタリアン「マレッタ」より
−スペシャリテ The Specialite
シェフ中田がたどり着いたオリジナルの境地


イタリアン リストランテマレッタ 「Terreno(テッレーノ)」 14,000円(15,120円)

提供期間 〜2019年9月24日(火)

メニューはこちら


まず1品目は、白桃の爽やかな香り漂う冷製のスープ。フレッシュな白桃が出回るこの時期だけのシェフのスペシャリテです。
それにあわせるのは、フォアグラテリーヌの滑らかな口当たりが、オマール海老と白桃のバランスを融合する、まさに新しい出会いの一皿。国産鰻は白焼きにし、相性の良いとうもろこしのソース、赤ワインのソースの2種で堪能できます。
3品目には、肉料理。こちらは、シェフ定番のスペシャリテ。A5ランクフィレ肉を低温でじっくり旨味を閉じ込め、黒胡椒・白胡椒・グリーンペッパーの3種類の胡椒をブレンドしたペーストを乗せ、ローストして仕上げています。肉の旨みを、胡椒の芳醇な香りが引き立て役となっている。
次に魚料理の甘鯛は、油で鱗をパリパリに仕上げ、身はその余熱でふっくらと仕上げ、甘鯛というひとつの食材を、二つの食感で堪能。ソースはシェフが最も得意の「渡り蟹のビスクソース」。香ばしい鱗の香り・食感と相性が抜群の逸品です。
メイン料理は、鮑ステーキ。何と丸ごと一個を絶妙な火加減で仕上げます。バルサミコの酸味の効いた肝ソース・牛蒡とマデラワインのソースの2種のソースで愉しめます。 すべてがメイン料理のようなまさに“スペシャリテ”まさにシェフ中田の真骨頂です。





これぞ映えるNスタイル!! 近海魚介を中心にオマール海老と黒毛和牛ロースを愉しむ



「オマール海老 チョリソー風味のピカタ」

チョリソーとは、スペイン・イベリア半島発祥の豚肉の腸詰のソーセージのこと。

オマール海老をチョリソーの風味に効かせたピカタは、とろろ芋をアクセントにふんわりと仕上げています


「黒毛和牛ロース肉のロティ ジャンジャンブルソース」

メインの肉料理は、定番黒毛和牛ロース肉。低温でじっくり旨味を閉じ込めた黒毛和牛を、蒸し焼きにして焼き目をつけて仕上げ、生姜(ジャンジャンブル)のソースが抜群に引き立てます。


「本鮪のきんつば見立て 鮑のフリットとズワイガニをパプリカのムースで」

本鮪を角切りにし、きんつばに見立て、鮑のフリットは、衣を玄米パフに変え、和の雰囲気漂う香ばしい風味で楽しめる。タラバガニと共にパプリカの色鮮やかなソースでお召し上がりください。


イタリアン リストランテマレッタ 「Mare(マーレ)」 10,500円(11,340円)

提供期間 〜2019年9月24日(火)

メニューはこちら



写真はイメージです。仕入れ状況等により内容が変更となる場合がございます。
※税込金額は、2019年10月1日より消費税率10%の金額に変わります。
※別途サービス料10%を頂戴いたします。



◆「美食のアトリエ」初秋コレクションⅠ〜中国料理特集〜はこちら